ビーツを地植え

20161018-2m

余ったビーツの苗を地植えしました。上手く育つとよいのですが・・・

右上は6月頃植えた万願寺シシトウですが、今頃になって元気になってきましたが大丈夫かな?

右下は新たに植えたミニトマト、寒くなるまでに一気に育てないと。

夏の間、トマトを植えて『SIMERUSフロートL3』で自動給水していましたが、今回は設置するかどうか未定です。

ビーツの間引いた苗も新たなポットに植えて、コチラは底面給水で。(給水シートを利用するので、根が水に浸からずに給水出来ます)

20161019-6s

間引いた苗だけど、上手く育ってくれたら、葉を料理に使いたいと思います。

 

やられた!

20160720-1s

朝パセリが坊主状態になっていました。昨日はちゃんと葉があったのに・・・・

虫です(>_<) やられた!!

どこにいるのか見つけられず、くやしい!!

結構長い間食卓を潤してくれていたのに、残念です。

もう一つやられたのがこれ。

20160720-2s

ミニトマト『ピンキー』、房なりに赤くなっていたのに軸だけ残っています。

この犯人は、我が家の犬でした・・・

ベランダに出したとき、何かしてるなあと思ってたら、勝手に収穫していました・・・

やられました(>_<)

凍っちゃいました!

年が明けて2回目の大寒波です。先の寒波では大丈夫だったのですが、今回はベランダの野菜たちが凍ってしまいました!!

20160124-2s 20161024-1s

上の水菜は、『楽々底面給水シート』で底面潅水中、下のルッコラは、『SIMERUS水やりテープ』を利用して、『楽々底面給水シート』で水を貯めずに給水しています。

さすがに朝は水菜のプランター内の水も、ルッコラのペットボトル内の水も凍っていましたが、陽が差すにつれて溶けました。

給水出来てます。

昨日の続きになりますが、とりあえず「給水ひも」的な使い方で自動給水しているのが、下の写真です。

20151030-1s

不織布ポットに植えた大根菜とサンチェ、いずれは【楽々底面給水シート】で底面潅水をしようと思っていますが、準備中一時的に「給水ひも」的に使ってます。

20151022-7s

【SIMERUS水やりテープ】が土に接触しているところから、ゆっくりじわっと水が広がっています。

 

こんな使い方も出来ます①

【SIMERUS水やりテープ】の基本の使い方は、ペットボトルのキャップにテープを付けて、土に挿す方法です。基本の使い方では、ペットボトルの水の量によって給水量が変わることがないので、土の乾湿に合わせて自動給水します。

20151030-3s

同じようにすでに植栽済みの鉢やプランター等への給水方法として、下の写真の様な使い方も出来ます。

20151026-1s

よくある「給水ひも」としての使い方です。

ペットボトルなどの容器にテープの端を入れ、一方の端を鉢の土に挿すという方法です。※テープの長さが足りなければ、2本のテープの黒い面を合わせてクリップなどで止めておけば使えます。

簡単です。でも、基本の使い方と違って、ペットボトルの水の量によって給水量は変わります。水位が高いときは給水量が多くなり、水位が低くなると給水量は減ります。商品によっては給水出来ないこともあります。

【SIMERUS水やりテープ】を「給水ひも」として使う場合、フタを締めることが出来ます。きつく締めると給水出来なくなりますので軽く締めるだけですが、これでペットボトルが倒れたときの大変!!が違います。

フタをしているから倒れても漏れない、というわけではなく、フタがない場合のように一気に水がこぼれないということです。一瞬の大惨事は免れますね。

20151030-4ss 20151030-5ss

収穫!!

 

20151101-3 20151022-14s

20151024-6s

【楽々底面給水シート】で底面給水栽培の水菜とサニーレタスです。

水菜は、1回目の収穫から10日でもうこんな感じ。

サニーレタスも毎日サラダ用に収穫してます。

※不織布ポットに培養土を入れ、苗を植えてあります。【楽々底面給水シート】で給水をしているので、不織布ポットは直接水に浸からず、水との間に空間があります。

※給水用のペットボトルは、水位設定用の給水穴をペットボトルの上部にあけてあるので、逆さに入れてあります。プランターの深さがあるので、ペットボトルを斜めにしても倒れないので、水を補給することを考えると、お薦めです。

順調に育ってます♪

10月初めの爆弾低気圧で、簡易温室が吹き飛ばされ、育苗中のジフィセブンがひっくり返ってしまい、その中で何とかなりそうな苗を植え直してみました。

20151015-2s

ジフィイセブンの苗8個の間にタキイ種苗の『そのまんま燃やせる土』を詰めて2週間。結構大きくなりました。

20151015-3s

同じくクレソンもこの通り、ちょっと密集してますが、そのうちつまんでいくので大丈夫でしょう。

秋から野菜を育てる方が好きです。なんと言っても虫が付かない!!

冬の間も野菜が切れないように、せっせと作り足しています。

下の写真は、ベランダの簡易温室です。

20151015-6s

右下のルッコラは、家の中に置いていますが、光量不足にならないように日中は外に置いています。

クレソンが食べたい!

クレソンも3日目で発芽しました。

20150909-4

これもスプラウトファーム(リッチェル)とジフィイセブン(サカタのタネ)を利用していますが、コチラはサイズが小さいので、SIMERUS水やりテープを5枚綴りのシート状のまま利用することが出来ました。

下の透明のケースに入れる水が多ければ、給水時間は増えますが、水位を一定にして自動給水をするわけではないので、どうしても過湿になります。

でも、一般的な底面潅水のように、根(土の部分を含めて)が水に浸かっているわけではないので、根ぐさりはしないし、貯めた水もほとんど濁りません。