こんな使い方も出来ます①

【SIMERUS水やりテープ】の基本の使い方は、ペットボトルのキャップにテープを付けて、土に挿す方法です。基本の使い方では、ペットボトルの水の量によって給水量が変わることがないので、土の乾湿に合わせて自動給水します。

20151030-3s

同じようにすでに植栽済みの鉢やプランター等への給水方法として、下の写真の様な使い方も出来ます。

20151026-1s

よくある「給水ひも」としての使い方です。

ペットボトルなどの容器にテープの端を入れ、一方の端を鉢の土に挿すという方法です。※テープの長さが足りなければ、2本のテープの黒い面を合わせてクリップなどで止めておけば使えます。

簡単です。でも、基本の使い方と違って、ペットボトルの水の量によって給水量は変わります。水位が高いときは給水量が多くなり、水位が低くなると給水量は減ります。商品によっては給水出来ないこともあります。

【SIMERUS水やりテープ】を「給水ひも」として使う場合、フタを締めることが出来ます。きつく締めると給水出来なくなりますので軽く締めるだけですが、これでペットボトルが倒れたときの大変!!が違います。

フタをしているから倒れても漏れない、というわけではなく、フタがない場合のように一気に水がこぼれないということです。一瞬の大惨事は免れますね。

20151030-4ss 20151030-5ss

収穫!!

 

20151101-3 20151022-14s

20151024-6s

【楽々底面給水シート】で底面給水栽培の水菜とサニーレタスです。

水菜は、1回目の収穫から10日でもうこんな感じ。

サニーレタスも毎日サラダ用に収穫してます。

※不織布ポットに培養土を入れ、苗を植えてあります。【楽々底面給水シート】で給水をしているので、不織布ポットは直接水に浸からず、水との間に空間があります。

※給水用のペットボトルは、水位設定用の給水穴をペットボトルの上部にあけてあるので、逆さに入れてあります。プランターの深さがあるので、ペットボトルを斜めにしても倒れないので、水を補給することを考えると、お薦めです。

順調に育ってます♪

10月初めの爆弾低気圧で、簡易温室が吹き飛ばされ、育苗中のジフィセブンがひっくり返ってしまい、その中で何とかなりそうな苗を植え直してみました。

20151015-2s

ジフィイセブンの苗8個の間にタキイ種苗の『そのまんま燃やせる土』を詰めて2週間。結構大きくなりました。

20151015-3s

同じくクレソンもこの通り、ちょっと密集してますが、そのうちつまんでいくので大丈夫でしょう。

秋から野菜を育てる方が好きです。なんと言っても虫が付かない!!

冬の間も野菜が切れないように、せっせと作り足しています。

下の写真は、ベランダの簡易温室です。

20151015-6s

右下のルッコラは、家の中に置いていますが、光量不足にならないように日中は外に置いています。

早く育て!

ジフィセブンに蒔いた種が給水シート(SIMERUS水やりテープ楽々底面給水シート)でほどよく水分調整されながら発芽しました。

20150917-14s20150908-2s

このまま液肥で育てるか、土を入れて育てるか、どちらでも可能ですが、今回は燃やせる土を使ってみようと思います。

20150917-15s

普通の土だと後の処理が大変なので、昨今の住宅事情を考えれば、ジフィイセブン共々終わったら処分出来るのは便利だと思います。

20150918-220150918-3s

ジフィイセブンの間に燃やせる土をしっかり詰めました。

一晩おいたら、詰めた土も軽く湿った状態に給水されていました。

この土には、肥料等が入っているので、容器下には液肥ではなく、普通の水を入れてます。

秋の準備

例年なら残暑厳しく、秋の気配は感じられてもほんの少しずつなのですが、今年は、日中暑くても朝晩はぐっと冷え込みます。

家の中のグリーンの補水の間隔も長くなってきました。

20150909-5s

夏前に、【SIMERUS水やりテープ】と炭を利用して、グラスに植えたプテリスですが、

自動給水(酷暑の時も、グラス底のほんの少しの水でも3日は保っていた!)で無事夏を越してくれました。

家の中に置くグリーン新しいグリーンも作漏斗ろうと思っています。逆さ吊りにも挑戦したいところです。

 

クレソンが食べたい!

クレソンも3日目で発芽しました。

20150909-4

これもスプラウトファーム(リッチェル)とジフィイセブン(サカタのタネ)を利用していますが、コチラはサイズが小さいので、SIMERUS水やりテープを5枚綴りのシート状のまま利用することが出来ました。

下の透明のケースに入れる水が多ければ、給水時間は増えますが、水位を一定にして自動給水をするわけではないので、どうしても過湿になります。

でも、一般的な底面潅水のように、根(土の部分を含めて)が水に浸かっているわけではないので、根ぐさりはしないし、貯めた水もほとんど濁りません。

育苗、ほったらかし??

秋雨や台風で天候不順です。それにつれて野菜も高騰しています。

それで慌てて、野菜を作る?訳ではありませんが、準備を始めました。

とりあえず、葉物野菜。

天気も悪いし、家の中で簡単に苗作りしたい!!というわけで、

ホームセンターで見つけた、「水だけでスプラウト栽培!」というスプラウトファーム(リッチェル)にちょっと細工して、楽々底面給水シートを敷き、ジフィイセブン(サカタのタネ)を載せて膨らませて、それに種まき。

20150905-7s20150906-1s

透明容器の半分位入れた水で42mmのジフィイセブン8個がほぼ膨らみました。

種を蒔いて2日目、ベビーサラダミックスが発芽。

20150908-2s

ジフィセブンが十分湿っているので、新たに入れた水はほとんど減ってません。ジフィイセブンはの乾き具合に合わせて、楽々底面給水シートから水が供給されるので、水はほとんど汚れてません。

※底面給水で水に浸かってブヨブヨの過湿ってよくないし、やはり水は汚れるし、こぼれやすいし・・・・室内に置くのはちょっと面倒です。

この作り方は、「使い方のコツ」でまとめてみようと思っています。

ブログ再開しました。

今までのブログをまとめるために新たにブログを始めることにしました。

このブログの記事が素敵なグリーンライフのお手伝いを出来れば幸いです。